スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

葉しょうが

050729_1947~01.jpg
ツマミに、葉しょうが食べた。

いつも食べるけど、ビールより日本酒があってる気がする。
スポンサーサイト
[ 2005/07/31 22:30 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(0)

ベアレン ヴァイツェン 岩手盛岡

050731_1952~01.jpg
地元盛岡の地ビール、ベアレンのヴァイツェン。

香りはヴァイツェンらしくフルーティ。
色は、濁ったブロンズ。濃いめの色。

飲み口は、濃いめの味に、フルーティさと強めのコクが後に残る。銀河高原のそれと比べて、コクが強い。

自分はこの系統のビールが好きだなぁと、改めて感じた。

大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
[ 2005/07/31 22:27 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(0)

どん兵衛の西と東

050724_1224~01.jpg
嫁さんの兄さんに、旅行の土産と、どん兵衛一箱貰った。

…なんでどん兵衛?

と思ったが、兄さんによると、東日本と西日本では、どん兵衛の味が違うという。東日本は濃いくち、西日本は薄くちだそう。確かに箱には、ウエストの頭文字Wが。
確かに、ググッてみると多くのそれらしきサイトに当たる。結構有名なのね… しらんかった…。

で、早速食べてみた。確かに薄いし、ダシっぼい。合わせて、近所のおばさんに貰った漬物を食べたから、余計薄い。というか、おばさんの漬物が塩の固まりのようにしょっぱい!

そんな昼飯でした。
[ 2005/07/26 14:39 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(0)

酒ケーキ 砂田屋

050725_0805~01.jpg

地元の菓子屋、砂田屋のイチオシ、酒ケーキ!

はなまるでオメザにもなったこのケーキ。地元では結構有名。岩手出身の高橋克彦さんもお勧めのケーキらしいく、酒ケーキに対する思いを綴った、直筆の原稿用紙がそのまま、このケーキのPopになってる。

見た目はカステラ。でも香りからして、かなり強烈。それは、名前にもある通り、酒すなわち日本酒の香りだ。 岩手県が誇る南部杜氏が作った酒をふんだんにしみこませた大人のお菓子といえる。


味は、日本酒の甘さと鼻に抜ける日本酒の香りがなんともいえない。というか、酔っ払う勢いなほどしみこんでる。子供にはちょっとこれは食べられないぐらいの強烈さ。


なかなか味わい深いお菓子でした。

[ 2005/07/25 14:05 ] 岩手ネタ | TB(0) | CM(0)

アンカー スチームビール アメリカ

050722_2010~01.jpg
ラガー酵母を、エール酵母のように、高温で醗酵させた世界で唯一のスチームビールというもの。

香りは、麦芽の濃厚な甘い様な苦そうな香りがする。色は茶色に違い。

味は濃いラガー。後味の濃厚かつ、何時までも残る苦味が印象的。

なんか、ぬるくしたバドワイザーの様な感じがした。うーん、例えが悪そう…
[ 2005/07/22 22:04 ] 海外のビール | TB(0) | CM(0)

アインガーブロイバイゼ ドイツ

050720_1910~01.jpg

ドイツのビール。


香りは、非常にフルーティな香りで、柑橘系に近い感じ。

色は濁った明るい黄金色。

味は、香り同様フルーティで、ヴァイツェンらしい味。うーん、旨い。銀河のそれとは違い、コクが若干薄く、後味が非常にさわやか。女性や濃いのが嫌いな人は、こっちの方がお勧め。


麦芽 小麦 ホップ

[ 2005/07/21 17:13 ] 海外のビール | TB(0) | CM(0)

エフェメール カナダ

050716_1925~01.jpg
開けた瞬間、アップルの香りがたちこめる。非常にいいかおり。
飲み口もアップルの爽やかなな感じで、後味は爽やかな麦芽とアップルの抜ける味。

非常に飲みやすく、味わい深いビールだと思う。

原材料
麦芽、小麦、ホップ、糖類、香料、コリアンダー、オレンジピール
[ 2005/07/16 20:13 ] 海外のビール | TB(0) | CM(0)

銀河高原 COOL&CRUSH

050714_1945~01.jpg
銀河高原ビールの期間限定新ビール。

香りはほどよく、麦芽やホップの甘い香り。飲み口は、くどくなく、かつコクと甘味のある味わい。

価格も従来のラインナップより、安い所からみるに、ワンステップ入りやすいビールを、多くの人に飲ませて、そのさきの従来のラインナップのファンを、増やそうとする狙いがみてとれる。

逆に考えると、銀河の入門用であり、今までの銀河ファンには物足りない一品とも言えると思う。
[ 2005/07/15 16:13 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(3)

よなよなエールとオーガニックビール

050711_1910~01.jpg
長野の地ビール2種

よなよなは、エールビールというもので、香りとコクが特徴だそうだ。
開けた瞬間から、柑橘系の爽やかな香りが漂う。
味は、ラガーの濃い様な味。コクというより、苦味が強く感じる。で、鼻に抜ける柑橘の香り。

オーガニックの方は、ラガーの更に濃い様な味に、ヨーグルトの様な鼻に抜ける香りが印象的。
嫁さんに苦味が強すぎて、ちと辛いと言われてしまった。俺も苦味が強いと思う。
[ 2005/07/13 21:53 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(0)

ベルビュー・クリークBelle-Vue Kriek

050708_2028~01.jpg
ベルギーのチェリーエキス入りビール。

注いだ直後、ほどよく甘い香りがする。
見た目は、濁りのある深紅で、泡もうっすら赤みがかってる。このてのビール初体験の自分には、結構衝撃的。

味は、チェリーの甘さがほとんど。が、チェリー系のリキュールの様な、後まで残る甘だるさは無く、ラガーの様なキレ。飲みやすい。

普通のリキュール買うより全然良いね。ただ、3倍以上の値段するけど…。
[ 2005/07/11 09:14 ] 海外のビール | TB(0) | CM(2)

ベアレンと銀河ヴァイツェン

050707_1946~01.jpg
今日は豪華に、高いビールを二つ。

ベアレンは、コクが深く、麦芽の抜ける味が心地よい。
特に、注いだ時の香りが、コクがありそうでいて、甘い香りがする。これから味わうビールに、いやがおうにも期待を膨らませてくれる、甘美な香りにかんじられた。

銀河ヴァイツェンは、フルーティの一言に尽きる。
濁りのあるレモン色に、酵母がたっぷりなんだろなと、素人考え。なにも言わずとも旨い。

もう少し、ビールに詳しくなれたらと、思わせるビールでした。
[ 2005/07/08 20:13 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(0)

カレンダー

050704_1604~01.jpg

カナダのカレンダーに月齢(っていうのか?)が書いてある。


仕事場の近くに、カナダ出身の女性が住んでいて、よくお話をするんです。

んで、仲良くなったので、 彼女が実家に帰った時に、色々とお土産までいただいてます。それが、このカレンダー。

Butchart Gardenというカナダでは超有名なガーデンがあるんですが、そこの写真とビクトリアの花風景のカレンダーで、とても私には似合わない、美しいつくりとなってます。

写真が結構ブレてたり、夕日を浴びて花の色がワケワカメになってたり、Butchart Gardenに「Japanese Garden」があり、それがちょっとカナダアレンジが入ってたりと、色々突っ込みたくもなるカレンダーです。


それはともかく、貰って気づくのが、この月齢。

自分は、ただ気づいたときに「満月だな~」とか、「三日月だな~」としか思ってなかったけど、こうやってカレンダーに書いてあると、気にして見るね。なかなか、趣深いというか。日本で言う「仏滅」とか「友引」とかの様な位置にあるのかなぁと、思いにふけってみる。


それと、貰ってしばらくして感じるのが、記念日の違い。勿論、国が違うのだから、記念日も違う。勿論、ゴールデンウィークも無い。

これがなかなか、面白い。が、何書いてっか、わかんねぇw


今度、そのカナダの方が来たら聞いてみるかな。

[ 2005/07/04 16:05 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(1)

まだ見ぬ国の丘

050701_1338~01.jpg
エーデルワイスという植物です。歌でも有名ですね。リコーダーで吹いて、何とも物悲しい気持ちになった人も多いはず。

歌の可憐さとぴったりな花姿とは裏腹に、この植物、かなり強健。

その地域、環境に合わせた進化の過程、歴史が、この植物問わず、それぞれにある。そう思うと、非常に感慨深い気持ちにさせられる。

果たして、今の環境は、この植物に新たな歴史を与えているのだろうか。

ふとそんなことを思った、ドライブ先。

[ 2005/07/01 20:45 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(0)

ひはしずむ

050630_1833~01.jpg
陽があるうちに帰ったのはいつぶりか。

[ 2005/07/01 20:30 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。