スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よなよなエールとうどん

060929_1930~01.jpg
まんずさみぃぐなったなや。こんたにさみんだば、あったげもの食いだくなるおんな。
しぇんころ、おらいでカレーうどん食ったったんだども、けづさ、よなよなエール飲んだれば、たいしたうめがった~。けづは、ホップの香りっこいいものな。さみぃどぎに、ぱや~と華やがで、まるで春がきたよんただった。

んだば、まんず。



なんとなくナマってみた。さて読めるかな(^_^)
スポンサーサイト
[ 2006/09/30 21:34 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(4)

マルグリート ベルギー

060928_1959~01.jpg
今日もベルギーのビール。本日はブロンズビール。
ローズボタン、オレンジピール、コリアンダーというスパイスが入っているとの事。

栓をあけた瞬間から、周囲に華やかな香り。ホップの華やかさに加えて、何か爽やかさもあるような、そんな感じ。
味わいは、抜ける香りが素晴らしく、華やかな様な、柑橘系の様な、花の香りの様な、色々と複雑な香りと相まって、ホワイトビールの様な味わい、鮮烈な炭酸の刺激、泡の柔らかい味と液体部分の味わいとの対比、色々と楽しめる。
うーん、面白いビールだ。一瓶にかなりの事柄が詰め込まれてる。

ところで、ローズボタンというスパイス、あまり見慣れないので、ちょっと調べて見る。
が、正解にたどり着けない。英語も出来ない私の拙い推測によると、ローズはもちろん「薔薇」、ボタンは「蕾、または若芽」らしい。
ローズヒップティは、薔薇の「実」だけど、これは薔薇の「蕾」を使ってるかもしれないのか。
色々と試行錯誤してるんだねぇ~。

このビールの感想エントリ紹介

http://ameblo.jp/nyanhana/entry-10015602682.html
地ビール大好きのとしやんさん。おいしいと太鼓判。

MARGRIET
het gouden bierlevenのろくさん。お気に入りの醸造所のビールなそうです。
[ 2006/09/28 23:09 ] 海外のビール | TB(0) | CM(2)

ブリュノォ ブロンシュ バイオロジーク

060926_2052~01.jpg
有機農法で作られた原材料を使ったベルギーのホワイトビールだそうです。

終始、フルーティで爽やかな香りと味わい。苦味が一本通っていて、爽やかさとの対比がいい感じ。苦味が通ってるのは有機だからだろうか。嫌らしさの無い苦味。

うひひ、こういう軽快なホワイトビールも旨いなあ。
[ 2006/09/26 21:53 ] 海外のビール | TB(0) | CM(10)

御殿場高原ビール デュンケル

060925_1940~01.jpg
濃いめのブラウン、透明感のある色。
柔らかいモルトの香り。

スッキリとしたホップの香りが口に広がった後、甘さから香ばしい味わいに変化。ラオホを軽くしたような風味。

明るいけど深い。そんなデュンケル。だからビールは楽しい(^o^)

女性陣には不評だったけどね(^^;
[ 2006/09/25 20:02 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(2)

御殿場高原 ヴァイツェン

060923_1915~01.jpg
濁りがあるものの、明るい色。フルーティな香り。爽やかな印象。

味は、炭酸と香り、独特の味わいが同時にやってくる。
バランス良くまとまった感じ。万人受けしそう。

500mlで、500円に届かない値段も嬉しい所。なんか、500mlって呑むとき、ささやかな心の余裕があっていいね。(貧乏性な俺をアピール)

追記:タイトル入れ忘れてました。としやんさん、ご名答w
[ 2006/09/23 19:56 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(2)

ホップを食べてみた。

ビール好きの皆さん、生のホップって見た事あります?
生のホップって、どんな味?
今回はその疑問にお答えする録音です。

この記事は、音声にて配信しております。
http://www.voiceblog.jp/beer/201036.html


収穫したホップ。ココから惨劇が始まりました・・・。


左下「おひたし」、右下「ホップ味噌」、中左「ホップ揚げ」、中右「生ホップ」、上左「コロナ」、上右「ホップティー」


コロナ イン ザ ホップ。

よい子は、絶対に真似しないでくださいw
(今回は映像お休みです。)
[ 2006/09/22 21:37 ] その他酒ネタ | TB(0) | CM(4)

青森りんごのお酒 新潟麦酒

060920_1925~01.jpg
青森の田子屋酒店さんで発売してる、青森のビール。製造は新潟。
その名の通り、りんご果汁が入ってる。流石青森。りんごりんごりんごで何でも攻めます。

色はブラウン。デュンケルの様な色。
リンゴを甘く煮つめた感じの香り。ハチミツを思わせる様な。

味は、シードルの様な渋さがある。口に含んだ瞬間はビール感があるけど、その後は渋み。
なんつうか、若すぎるリンゴでも食った様な渋さ。んでも、しつこさは無くて、むしろ爽やかさが印象として残るぐらい。

ベルギーのビールの禁断の果実とか、ニュートンとは、全く違う。リンゴ一つでこれだけ違うのも面白い。


と言うことで、コレをくれた方、ありがとう!
[ 2006/09/20 20:41 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(1)

ジャポネゴールド サントリー

060919_1924~01.jpg
今日発売。サントリーの新製品。
岩手産なんです、ホップが。来ました岩手ですよ、岩手。
とれたてホップ一番搾りは、岩手遠野産。コレは、岩手紫波産。
ちなみに、玉山はアサヒ、県北はサッポロにホップを出荷してる。岩手はホップ生産量日本一なんです。(多分)

肝心な味は、スッキリとした香りに、苦味がしっかり。後に若干の甘さ。アルコール6%を殆ど感じさせないあたりも、特徴。
フツーに美味いっす。
とれたて一番搾りを意識した造りだけど、なんかサッポロ風の味の様な・・・。
サントリーも色々やるねえ。
[ 2006/09/19 20:23 ] 日本のメーカービール | TB(0) | CM(8)

タイガービール シンガポール

060918_1909~01.jpg
実はあまりアジアのビールを飲んでない私。
という事で、今日はシンガポールのビール。
麦の甘味主体で、好み路線ストレート。凄く濃いって感じはないけど、安いし、俺的常飲向け。

一緒に食べた、芋の子汁もうみゃかった!
[ 2006/09/18 19:48 ] 海外のビール | TB(0) | CM(0)

イワテウィート ベアレン

060917_1949~01.jpg
岩手限定?!南部小麦という、岩手産の小麦を使った小麦のビール。
明るくフルーツを思わせる香り。明るさのある濁り。色合いだけ見てても綺麗。
味わいは、香り、色合いとは裏腹に、強めの苦味と、ヴァイス特有の味わいがガシガシと広がる。
おお、つえぇ!と思ってる内に、まろやかな舌ざわりと共に、甘さも感じられてくる。

切れ味あるパンチのイワテウィート、深いボディブローのベアレンヴァイスって感じかなぁ。二つ並べて呑み比べてみたい~(^O^)

このビールにまつわる色々な記事

・まずは、盛岡市にある肴町アーケード内の「鍵屋」さん。このビールを買った酒屋さんです。ビールは元より、色々なお酒が数多く取り揃えてます。是非、来店してみてください!
http://horoyoisak.exblog.jp/

・同じく盛岡市にある酒屋さん、「よしだ屋」さん。イワテウィート、早速置いてますよ~。
http://yoshidaya1.exblog.jp/3333183/

・市内飲食店「クッチーナ」さん。ウィートが酒販店に無かった時は、こちらへ!多量確保して独り占めして、店主さんが呑みまくってるという噂です(嘘) 秋の新作料理とあわせて是非。
http://cucina.cocolog-nifty.com/konno/

ブログ検索とかしてみても、大体岩手の人が呑んでるみたい。つうか、殆どヒットしねぇんだけどw やっぱり岩手県内限定かなぁ。
もし、呑みたい!という岩手県外の方が居たら、紹介記事のお店に問い合わせてみるとイイかもしれないです。
[ 2006/09/17 20:12 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(9)

新ドラフトワン

060914_1928~01.jpg
あの夏色缶の様な香り良いホップを、一部使ってリニューアルしたドラフトワン。

確かに夏缶っぽい香りはするようになった。
んでも香りは

夏缶>>>>>新ドラ>>旧ドラ

このぐらい違うと思う。味は旧ドラをあまり呑まなかったので、評価し難い。まあ、飲めると思う。

しかし、新ドラフトワンのコマーシャル・・・阿部寛さんには、畑から130年の方に合う料理を探して欲しかった(笑)
[ 2006/09/16 21:11 ] 日本のメーカービール | TB(0) | CM(1)

畑から130年呑み比べ

最近発売された、畑から130年と、エビス、黒ラベルを呑み比べてみました。
畑から130年の真価は如何に!

この記事は音声にて配信しております。
http://www.voiceblog.jp/beer/195765.html

色合い比べをしてみました。
動画にて配信中!「ビールと泡と色


個人的には、価格も含めて130.年が好き。
[ 2006/09/12 23:17 ] 日本のメーカービール | TB(0) | CM(1)

クローネンブルグ フランス

060911_1912~01.jpg
スッキリとした香り。
ギリギリと苦味が芯にありながら、幾分の甘さ。非常に呑みやすい。

kentさんに貰ったビール。ありがとねぇ~。
[ 2006/09/11 19:34 ] 海外のビール | TB(0) | CM(1)

本生クリアブラック

060909_1836~01.jpg
アサヒの発泡酒本生の黒。限定醸造だそうです。
ロースト麦芽による、香りと後味の風味は有り。味は軽い。

クリアブラックの名前のままの味かな。発泡酒の生黒と呑み比べてみたい。

このビールの感想紹介

・おむの部屋さん
http://ameblo.jp/nori-sy01/entry-10016819548.html
・地ビール大好き・としやん日記さん
http://ameblo.jp/nyanhana/entry-10016796559.html

お二人とも、好評の様子。発泡酒で特徴があるのって、なかなか無いですもんね。
[ 2006/09/09 22:33 ] 日本のメーカービール | TB(0) | CM(7)

ワイン呑んだり、日本酒呑んだり、ビール呑んだり。

昨日のプラプラ飲み歩き。

自醸ワイン』ってのが、仕事からの帰り道で買えるので、それをネタに、まずはよしだ屋さんに突撃。
肝心なお味は、プロのよしだ屋さんに任せるとして、ワインの話を色々聞けて楽しかった。ワインは深い。

よしだ屋さんと二人で、今度はJizake-Bar蔵さんへ。

海洋深層水を使った「三陸海のビール」を初体験。
軽やかなホップの香りが芳しく、後味がスッと引く透明感のある味わい。思ったより旨かった。

その後、あさ開の純米大吟醸を一杯。つまみも旨いんだこれが。日本酒の話もたくさん聞けて楽しいひと時。

ほろ酔いでクッチーナさんへ。

本日一番の目的、「ベアレン フェストビール」の樽生。
思ったより荒々しさも少なく、苦味のがっしり効いた味わい。旨いなぁ~これ。

店長のコンノさんも交えてビール談義をしながら、次々とビール。


今月のゲストビール「富士桜高原麦酒 ラオホ」
香り自体は、燻製を思わせる様な感じは無いものの、一口含むと、飲み口途中から後味まで燻製香。芯に甘さ、苦味が感じられるものの、かなりの燻製。こういうのって、「ウガー」ってなるぐらい、キツかったりするんだけど、重厚って感じは少ない。むしろ呑みやすいぐらい。貴重なの呑めてよかった。ウキウキ。


レギュラーメニューに加えられた「ベアード レッドローズ」
これは、香りに尽きると思う。明るく華やかで、柑橘を想像させるホップの香りが素晴らしい。んで、味わいも、香りとのバランスが良いし。一度は呑んでみたいと思ってたベアードさん。これは想像以上にイイ!

後は、「湘南ビール ルビー」と「バスペールエール」を飲んだなぁ。味全然覚えてない(もったいねぇ…)
閉店後遅くまで、話しちゃいました。

よしださん、田口さん、コンノさんアリガトさんでした。

フェストビール ベアレン

060905_1959~01.jpg
今日の夕方は寒いぐらい。半袖卒業も近い・・・かな。
つうことで、今日発売!フェストの季節です。

甘味も苦味もかなりの厚みで同時にやってくる。相変わらずの重厚さ。
されども、若干荒々しくて、しばらく置くともう少し味わいに変化が出てきそう。
今年も美味しいフェストです。


・・・去年の覚えてないけど(^-^;)
去年のフェスト:http://ameblo.jp/hanamuradambo/entry-10004787592.html

*****************************
フェストビール入荷情報とか。↓

・盛岡の酒販店「よしだ屋」さんで販売されています。私もここで買いましたん。美味しいチーズなどとご一緒にどうぞ。まだ、在庫あるかな?
http://yoshidaya1.exblog.jp/3253169/

・同じく盛岡の飲食店「クッチーナ」さんでは、7日より樽生提供。ベアレンのビールは、樽と瓶を味わって、初めてベアレンビールを呑んだといえます(勝手に決めてみた)。美味しい料理と一緒に是非どうぞ。
http://cucina.cocolog-nifty.com/konno/2006/08/post_2712.html

・和歌山にもなんとベアレンが呑める所あるんです。「ねこまた屋」さんです。今週末には呑める模様。岩手なんて、行ってらんねーよ!とか、通販メンドイっていう、関西の方は是非。同時にアメリカのクラフトビールも入荷するとのこと。
http://nekomataya.blog.ocn.ne.jp/blog/2006/09/post_1c78.html

さあ、秋ですよ。フェストのまずして、秋を迎えるビール呑みは、モグリです。さあ、呑むんだジョー!
[ 2006/09/05 23:30 ] 日本の地ビール | TB(0) | CM(2)

秋味と一番搾りクラシックラガー呑み比べ

最近発売された「秋味」と、一番搾り、クラシックラガーを呑み比べてみました。
この記事は、音声と動画にて配信しております。
音声:http://www.voiceblog.jp/beer/189995.html

ビールの泡と色」動画好評配信中。
↓でも動画見れます。


個人的には、どんぐりの背比べになっちゃったかな。という感じが強い。もうちょっと、秋味って甘かった気がするんだけどなぁ。
[ 2006/09/03 17:16 ] 日本のメーカービール | TB(0) | CM(2)

ドゥシャスデブルゴーニュ

060902_1939~01.jpg
ベルギーのレッドビール。
赤ワインの様な、酸味を感じさせる香り。濃い赤色で、グラスに見えるところどころの薄赤色が美しい。

一口目、甘いと驚く。酸味渋味と炭酸が混在した味わいの後に、甘味がスッと現れて、心地よい余韻。イヤラシさがない、上品な甘さがたまらない。

ビールの枠を超えたビールにびっくり。
うちの女性陣には今までで一番の好評ぶり。

呑みたい方は、ゲストビールでこのビールを扱ってるクッチーナさんへGO!です。

クッチーナさんのこのビールに関する記事:
http://cucina.cocolog-nifty.com/konno/2006/09/post_a1bf.html
[ 2006/09/02 01:49 ] 海外のビール | TB(0) | CM(4)

ライオンスタウト スリランカ

060827_1942~01.jpg
苦味と甘味が混在した、濃厚で力強い味わい。焦げを食べたかのようなパンチ力。
呑みすすめると、甘味が強く感じられる様になる。
泡がある時、無い時の味わいの違い、それぞれの主張の違い、そんなんが良く解るビールだと思った。

旨いぜ、ウヒョー。
[ 2006/09/01 21:28 ] 海外のビール | TB(0) | CM(3)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。