スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒューガルデン 禁断の果実

070830_1921~01.jpg
やや淡い焦茶色。
ミカンの様な爽やかな香り。
香りのままの爽やかな風味を残し、どっと押し寄せる濃厚な甘さ、口で広がる強いアルコール、若干のローストを残しつつ、ベルギービールにある、独特なスパイシーな風味を余韻に。

満足な一本とはこの事。

前に飲んだ気がするけど、印象違うなあ。うみゃい。
スポンサーサイト
[ 2007/08/30 19:52 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(7)

久保田 百壽

070828_1940~01.jpg
久しぶりに久保田。

秋刀魚ウマウマ。
久保田ウマウマ(^-^)

ありがとうね~Pちゃんさんm(__)m
[ 2007/08/29 20:18 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(5)

おがわポーター 麦雑穀工房 埼玉

070827_1915~01.jpg
昨日に続き、埼玉の地ビール。

華やかでスッキリした香り。非常に芳しい。
飲むと、華やかな香りが口に、鼻にビシビシと広がる。
濃いめに感じるローストの風味。柔らかにモルトの甘さ、芯にしびれる苦味。

一つ一つが、強く、そして重厚な主張があり、目が覚めるようだ。

いやー来たわコレ。旨いわ~。
[ 2007/08/27 19:55 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(4)

雑穀ヘフェヴァイツェン 麦雑穀工房 埼玉

070825_1926~01.jpg
爽やかにバナナの香り。
柔らかい舌ざわりと共に、強めの苦味が特徴的に感じる。
雑穀、あわやひえが入ったヴァイツェンとの事。
柔らかながら、無骨で複雑な風味を感じるのは雑穀のせいだろうか。

酵母入り&雑穀(麦も含め)のこのビール。なんか健康になれそうな気がする。もちろん味わいもしっかり。

toshiさんありがとね~m(__)m
[ 2007/08/26 21:59 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(3)

めかぶキング 宮守ブロイハウス

070824_1924~01.jpg
記念日に、嫁さんからビールを貰った。

宮守が造る…めかぶキング!

嫁さんがセレクトしそうなビールだもんなあ(笑)

味わいは、メカブ特有のコシが効いたコリコリとした舌ざわりと、濃厚な海藻の風味が心地よく感じられ…



る訳では無く、
モルトの味わいが心地よいピルスナー、といった感じ。

とりたてて、「おお!メカブ!」という訳では無いが、多分魚介類との相性は良いことだろう。
ちなみにコレは、三陸は釜石のビールとの事。
三陸産のメカブを使ってるとなれば、結構高級よ。しかも釜石のメカブはかなり旨い。
あ~メカブ食べたくなってきた(笑)
[ 2007/08/25 19:13 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(5)

JW DUNDEE'S アメリカンアンバーラガー

070817_2013~01.jpg
甘さと、爽やかさを感じさせるホップの香り。
炭酸はやや強めで、軽やかローストの風味。苦味は強くしっかりと感じられ、アルコールとやや華やかさが余韻として心地よく残る。

アルトの様だった。でもアンバーラガー。難しい。
[ 2007/08/23 21:45 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(4)

こだビール2一ヶ月経過

070820_1912~01.jpg
瓶詰め一ヶ月経過。

香りは柑橘と華やかさ。
味わいは、草っぽさが強い独特な苦味。
最初に柑橘感があるものの、苦味が強く、全てをおおっていく。

酸味はあまり感じられなかった。草っぽさは大分減ったが、未だ苦さは強烈な個性を残している。つうか、やっぱり草臭さが気になる。

そんな感じ。
[ 2007/08/22 23:28 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(7)

全国地ビールフェスティバルin一関2007

毎年行ってる、一関のビールイベント。「全国地ビールフェスティバルin一関」へ行ってまいりました。
私はこの日の為に、一年間仕事してるという噂も。ええ、事実です(笑


今年は全国から62社の地ビールメーカーさんが参加。
そして、私の今年の目標は40銘柄制覇。(友人二人でね。去年は28杯)
あいにくの曇り空ですが、意気込みは満々です。

070818_1442~01.jpg
で、結局飲んだのは、去年飲まなかった銘柄中心に、30銘柄33杯。色々工夫したけどキツイっす。計算すると、1人3Lは飲んでるしね。
以下、飲んだ銘柄と簡単な感想。

1:あばしり地ビール(北海道) ヴァイツェン 意外とドライな味わい。
2:オホーツクエール(北海道) オホーツクエール 若干のロースト
3:奥州仙台伊達政宗麦酒(宮城) ピルスナー 独特のホップの苦味。輪郭はっきり。
4:十勝ビール(北海道) 十勝ラガー アメリカンなホップの効いたスッキリとした味わい○
5:ベアードビール(静岡) ? ベアードらしい柑橘系のホップが効いてる。○
6:福島路ビール(福島) レッドエール 柔らかにロースト、柔らかな口触り◎
7:湘南ビール(神奈川) 湘南リーベ 柔らかなローストの風味。
8:スワンレイクビール(新潟) アンバースワンエール ホップからくる柑橘の香り、後味ロースト。
9:志賀高原ビール(長野) 志賀高原ビールIPA ホッピーなインパクトな中に、モルトの風味。
10:日本海倶楽部(石川) 日本海倶楽部ピルスナー ノーブルなホップの苦味。
11:那須高原ビール(栃木) スコティッシュエール ローストの効いた深い味わい。
12:三次別件ビール(広島) デュンケル ローストが強い
13:箕面ビール(大阪) リアルエールスタウト ぬるめの温度が素晴らしくグー。○
14:ゆふいんビール(大分) ゆふの香 華やかな香りとさわやかなホップ。○
15:銀河高原ビール(岩手) スタウト 甘さのあるロースト風味。スッキリさもあり。
16:ナギサビール(和歌山) ペールエール 柑橘の風味も効きつつ、やわらか。
17:ビアへるん(島根) ヴァイツェン かなり濃厚なヴァイツェン◎
18:道後ビール(愛媛) 漱石ビールスタウト 甘さ、華やかさ、苦さと良く感じられる。
19:宮崎ひでじビール(宮崎) ひでじビールもぐら 華やかで柑橘
20:サンクトガーレン(神奈川) バニラスタウト ローストとバニラの風味がグー○
21:常陸野ネスト(茨城) ホワイトエール 柔らかで若干スパイシー。
22:多摩ビール(東京) ヴァイツェン コクがありながら、結構飲みやすい。
23:富士櫻高原麦酒(山梨) ヴァイツェン コクのある濃厚な味わい◎
24:八海山ビール(新潟) アルト アルトらしい味わいのありのみやすい。
25:越前福井ビール「DIOS」(福井) アンバーエール 心地よい風味とコク、そしてやわらかさ◎
26:土佐黒潮麦酒(高知) ? 多分ヘレスかなと思わせる、飲みやすさと味わい。
27:近江ブルーメンビアー(滋賀) ピルスナー 味わいあり、香りもいい。
28:大山Gビール(鳥取) ヴァイツェン なかなかに濃厚な味わい
29:よなよなエール(長野) よなよなエール 相変わらずの美味さ
30:銀河高原ビール(岩手) ピルスナー 結構飲みやすかった

かなーり酔ってメモッたので、記憶が定かでなく、メモも読めないので、大体の感じでごめんなさい。
飲んだ印象とすると、去年はピルスナーやケルシュが多い気がするんだけど、今年は、アメリカン○○系と、スタウトが目立った気がする(勿論ピルスナー、ヴァイツエンもアリ)。だから口の中は、柑橘柑橘濃厚濃厚みたいな感じ(笑
なので、福島路ビールのレッドエールや、DIOSのアンバーエールが目立って印象に残った。全部美味しかった、うん。最高。


つまみもグーなのが多いの多いの。
写真の、羊肉炒めとか、キュウリのからし漬け、それとソーセージやホタテ焼き、色々食べたけど、皆美味かったなあ~。食べに来るだけでも満足できそう。

実はですね、ビールの事あまり良く覚えてなかったり。
いや、言い訳させてください。

結構有名人が多かったのよ、今回。岩手近辺のブルワリーさんが来るのは分かるんだけど、富士櫻高原とか、箕面とか、よなよなとかの関係者さんが、そこら辺に居る訳よ。パンフレットでしか見た時無い人が。
サンクト注いでもらったら、「こんにちは、サンクトガーレンでーす」って、脇から声かけられるんです。相手は神奈川の方ですよ?厚木よ?ここ一関ですよ?(ドキドキ
「ブルワリー=神」の私としましては、えらいキョロキョロしてまして。怪しいオッサンもいいところ(笑

飲んでいる方にも、各方面からいらした方が多いらしく、グッドビアクラブの方々は総勢20名ぐらいで東京から来てるとか。
そんな魅力的なイベントなんだなあと実感した限り。蔵ビール万歳。


そして、酩酊の中、こんなものを頂いたり。

藤原ヒロユキさんのサイン~!!!
カンドーです。快く応じて頂き感謝感謝です。

それと、じゃんけん大会で、勝ち進んじゃって

こんな記念グラスまで頂いてしまいまして。

千鳥足ながらも、ホクホクで帰って来た訳でした。

この全国地ビールフェスティバルin一関は、今回で10回目を迎えたとの事でしたが、毎年毎年パワーアップをしていて、今年も例年以上の催しや、地元商店街とのコラボで「地ビールストリート」という、地元の料理と地ビールを味わえるというイベントをやったりと、かなりの充実ぶりでした。
関西方面からも、ブルワリーさんやお客さんが来るという、日本でも有数のビールのイベントですが、非常に親しみやすく、入退場は自由、場所も十分に広く、フードも地元食材が充実してかつ安い、勿論、ビールの種類は多いし、ビールも注がれるまで待ち時間なんかは無し、ブルワリーさんともお話そこそこできました。
そんな感じで、全国に誇れる、ビールのイベントだと私は思います。機会があったら、是非参加してみてください。

岩手に住んでて良かったと、思った一日でした。岩手万歳。蔵ビールさん、ありがとう。

会場でお話した方々、お付き合い頂きありがとうございました。またお会いしましょう~。

070818_1442~01.jpg
一関のビアフェス参戦中です。
かなり酔いました。友人もいつの間にか見当たらず。

さあ後15杯(笑)

詳細は後で。
[ 2007/08/18 14:44 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(7)

生搾り みがき麦

070721_2215~01.jpg
何故かうちの冷蔵庫にあった、試飲缶。

普通に飲んじゃってから、新製品だと気付いた…。うわぁ、ネタ逃した。

サッポロらしい苦味のある発泡酒だったと思う。
[ 2007/08/17 20:04 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(2)

ポッドキャスト 「辛い食べ物とビール その三」

 リスナーさんにチョウンマを頂きました!
ありがとうございます。
これが、辛いのなんの。暑い日にはピッタリなビールのお供。

ということで、今回も、辛い物とビールを合わせてみたいと思います。

この記事は音声にて配信しております。
http://www.voiceblog.jp/beer/399445.html


コロナエクストラ


モリオカピルス ベアレン

さて、今回は新たな発見はあるのでしょうか。
[ 2007/08/16 12:47 ] その他酒ネタ | TB(0) | CM(0)

ポッドキャスト 「ホップの違いを感じてみる」

 イングリッシュペールエールと、アメリカンペールエールを飲み比べて、原産国の違いによるホップの風味の違いを感じてみようという、今回の企画。

・・・が、失敗。
詳しくは音声で。

http://www.voiceblog.jp/beer/390926.html


イングリッシュペールエール? ビショップスフィンガー


アメリカンペールエール よなよなエール


教訓。ちゃんと調べてから、録音しましょう・・・。参った!
[ 2007/08/13 21:07 ] 海外のビール | TB(0) | CM(3)

花火とビールと

070811_2042~01.jpg
昨日は地元の花火大会。シチュエーションが変われば、ビールもまた旨くなる。

で、また飲みすぎた(笑)

花火後は、数年ぶりにビリヤード。
ブランクとか言う位の腕も無いけど、散々な有り様…。
ゲームな球技(ビリヤードとかボーリングとか)は、どうも上手くならん。好きなんだけどね。
[ 2007/08/12 10:10 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(6)

フルーツ&ハニー 横浜ビール

070809_2003~01.jpg
蜂蜜と果実が入った、名前通りのビール。

香りにホップと、僅かな蜂蜜の香り。

飲み口はライトでサッパリとしており、ほのかな蜂蜜の甘さと、フルーツポンチの様な風味。
後に、ドライなビールのフレーバー。

もっとフルーツしてるかと思ったが、調和という言葉が似合う、フルーツビールでした。

toshiさん、ありがとね!
[ 2007/08/09 20:56 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(2)

こだビール2試飲&こだビールプレゼント。

瓶詰め後、熟成に1ヶ月ですって?




んなもん、待てるわけが無い。




えっ、この展開予想通り?

ということで、ご期待通り(?)一ヶ月を待たずして、何度か試飲しちゃいましたw


とりあえず、瓶詰め1週間後の感想。
色はなかなか、ビールらしい色合い。やや濁りのある、ペールエールというか、ちょっとアンバーがかった色合い。
泡は凄い立つ。荒いけど、物凄い泡立ちはいい。ちょっとプライミングシュガーを多めにしたのがよかったか。
香りは草っぽさが少々目立つ、柑橘系の香り。
味わいは、草。僅かにモルトらしい香りもあるが、草。子供の頃に、草をグリグリ潰して、「はいアナタ、ご飯よ」とおままごとに出てきた、その草が入っているかと思うかの様な草っぽさ(なんじゃそれ)。

かなり荒っぽい。草っぽさが目立つし、ボディがライト過ぎる。


次に2週間後。
全体的に同じだが、違う部分だけピックアップ。
香りが華やかになった。草っぽさ減。
味わいも華やかさと酸味が加わり、草っぽさ大幅減。味わいもやや複雑に。
ボディもミディアムか?と思わせる雰囲気。
ただーし、酸味が結構立ってる気がする。やはりこの暑さはマイナスだったかと思う様な、激変の仕方。


現時点のトータルとしては、今回はやや成功か。前回の自ビールよりは数段上。ビールとしてもokだしてもイイとは思う。ただし、暑さによる、変なすすみ具合がネック。

そろそろ冷蔵庫に全部保管しなければならないのですが、入りきらない。

ということで、この「こだビール2」。押し付け プレゼントします。
この不味いかも知れない、蓋が緩くて炭酸が無いかもしれないのに、「欲しい!」という酔狂な方。
お一人1本限りで、5名ぐらいまで。(5人も居たらビックリだけど、多かったら抽選)

dirudiruboy@yahoo.co.jp

↑まで、「ビールくれ」とメールください。
送料は私が負担します。応募期間は20日まで!

※受付終了しました。応募ありがとうございました。
[ 2007/08/07 18:09 ] 自家醸造 | TB(0) | CM(11)

肴町の七夕

070806_2053~01_0001.jpg
今日は家族で七夕を見に。
初めて来たけれども、結構な人の入り。

鍵屋さん前でベアレンを二杯。ベアレンの営業の方も、イベント続きで出っぱなし。大変そうだ。

鍵屋さんではよなよなの樽があったそうだが、早々に無くなった様子。そうだよなあ、よなよな樽なんて、岩手ではイベントでしか見たこと無い。
隣で営業してたなんだり館の渦巻きソーセージも売れきれ。
なかなかに好評の様子だった。次回は早めに来ねば。

沢山の屋台があって楽しかった。久しぶりに童心に帰って…ビール飲みました(笑)
[ 2007/08/06 23:04 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(3)

今年もさんさ踊りとビール巡り。

8月の1日~4日の間、盛岡では「さんさ踊り」という、岩手最大のお祭りが行われます。



ギネス記録にもなった、世界一多い太鼓パレード。
NHK連続ドラマ「どんどはれ」の役者さん方も参加。
そして、今年は30周年。

例年にもまして大いに盛り上がっておりました。

そして、私が盛り上がったことといえば・・・


県庁前で店を開いてた、「岩手の地ビール」ブース(笑
岩手県の地ビールがほぼ一同に揃う、このブース。実は意外とレアな光景。それだけでも興奮w

並び順に、ステララモンテ、銀河高原、平庭高原、ズモナ、ベアレン、宮守。
ステラモンテは醸造所併設レストランでしか飲めないビールだし、ズモナはイベントであまり見かけない気が。
それが一度に飲めるわけですから、興奮です。

以下、飲んだビール。



銀河高原 サマーホワイト。
超超限定の新製品。なんでも、イベントでしか飲めないとか。まだ何回かしか出していないらしく、醸造所に行っても、関係者しか飲めないという限定ぶり。
ライトで飲みやすいベルギーのホワイトエールと、コクのあるドイツのヴァイツェンの、間な感じのビールだそう。

飲んでみると、確かにスパイスでも入ってるかの様なフルーティさ。でも、スパイス入りを作らない銀河。勿論、スパイスは入ってない。軽やかなコクと、すっきりとした余韻。いいねえ~。ウマウマ。
以前、ドライなヴァイツェンみたいなのを、限定で出してたけど、こっちの方が夏向けにピッタリだと思う。



宮守ブロイハウス ヘレスラガー。
わさびビールが先行しがちのこの宮守。けれど、わさび以外も色々と出してるんだよね。
モルティな香りと風味、そして芯のある苦味。旨いなあ、これ。



平庭高原ビール  ゆき樽ビール
ゆき樽の瓶は見たことあるけど、これは樽。しかも醸造士さんに注いでもらった。うん、ラッキー。
こんもりときめの細かい泡。やや酸味混在した、非常にフルーティな味わいと香り。
これも特徴ハッキリしてて、いいねえ~。

他にもあったんだけど、ここのブースはここまで。
次は、市内に点在してる、ベアレンの生ビールを売ってるところへ移動。
市内5箇所ぐらいに、各スタイルのベアレンビールが1つずつ提供されてて、それを行脚するのも楽しそう。(実際に行脚した人が居ましたが…(笑)

私が行ったのは・・・

いつものよしだ屋さん。ここではベアレンのピルスが飲めます。
相変わらずウメー。
飲んで、歩いたので、疲れたため、しばらくココで休憩。



こんなん貰いました。祭りに定番のウチワ、ベアレンバージョン。
レアなんですって、これ。なんでかというと、今年ウチワ作らなかったそうで。ちなみにこれは去年のモノ(笑

休憩後、クッチーナへ移動。

クッチーナでは、祭り期間中、ギネスをハープパイント価格で、1パイント飲めるというキャンペーン中。しかも、クジ付き。当然、ギネスで(写真撮り忘れた!)、ビールな毎日のkaoさんと師匠さんコンビと乾杯。
色々な方と、色々話しました。(ほぼビールの話ばかりだけどね!)

以下クッチーナで撮った写真と、飲んだお酒。


これこれ、これが今回の目的。(祭りじゃねえのか)
エーデルピルス缶を、分けてもらえる事になったんです。やったね。後で楽しもうっと。


ピルスナーウルケル樽。
中身はもう無いんだけど、珍しくて樽を撮って見た。超ミーハーっぷり発揮。



博石館ビール クリスタルエール。
淡い色合いなのに、アルコール度数12%。
アルコール感が凄いのよ。12%もあるから当たり前なんだけど、とてもとても華やかな香りと共に、アルコールも渾然一体となって、口の中に広がる。いや、広がるというか、爆発するというか。そんな、とても強い香り。
味わいは、甘さ主体だという事は分かるけど、香りを楽しむそんなビールだと思った。
淡い色合いと、クリスタルエールの言葉で、全く覚悟が無かったので、かなりビックリな味。強いわ~。


同じく博石館 スーパービンテージ2000。
こちらは、チョコレートモルトとワイン酵母とビール酵母ミックスを使った濃色のバーレイワインで、度数が14%。
チョコレートの香りに、濃厚なモルトの風味、そして強めに主張するアルコールの余韻。モルトの甘さや濃厚さもあるけど、チョコレートっぽい甘さ、濃厚さに感じられた。
ゆっくりと、時間かけて楽しめました。

ということで、存分に祭り(に出店してたビール)を愉しみ、祭り関連で働いている方々を邪魔して(笑)、楽しい夜を過ごしました。

コンノさん、yossyさん、kaoさん&師匠さん、まはろさん(膝カックン師匠)、Holzさん(イベントがんばって!)、普段通りのナマステさん、某エーデルピルスの主さん、ありがとうございました!


※博石館のビール2本は、自ビールの師匠「いい酒・夢気分♪」のモリビルさんと、ビアフェスタさんにお世話いただきました。ありがとうございます!!存分に楽しみました!

ヴァイエンシュテァナー ピルスナー ドイツ

070422_2052~01.jpg
久しぶりにドイツのビール。

軽やかに香り。色はやや薄め。
穀物の甘さが際立ち、芯にくる強めの苦味。全体としては爽やかな印象、そして苦い大人味わい。
[ 2007/08/02 21:48 ] 日常と雑記 | TB(0) | CM(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。