スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

醸造所探訪 「世嬉の一 いわて蔵ビール」 ②

①からの続きです。

http://ameblo.jp/hanamuradambo/entry-10009367774.html

音声での紹介もしてますので、あわせてお楽しみください。

http://www.voiceblog.jp/kodaredera/90795.html


レストランに入って、まずはビール。

4種お試しセットを注文しました。


まずは、左からヴァイツエン、ペールエール。

バイツェンは、柔らかく華やかな香りとは裏腹に、若干ボディの効いた独特のコクと、少しの苦味。可愛い顔してなかなかヤルわね。って感じです。

ペールエールは、意外にあっさりライト風味でした。


次に、左から、レッドエールとスタウト。

レッドエールは、甘み、コク、苦味、香り、どれをとっても、パンチ力がありかつ、バランスがいい感じ。これ美味かったです。

スタウトは、独特の味わいとコクをしっかり持ちつつ、ややライト風味。ゴツイ兄ちゃんが、実はリラックマ好きといった感じ。(わかりづれーって?)


どれも飛びぬけてパンチ力があるといった感じではないのですが、どれもバランス良く、スイスイいけちゃう、美味しいビールでした。


バランス良いついでに、これも。

その名も「純米酒アイス」。コレは、アイスの甘さと、純米酒独特の柔らかな香り、ふくよかな味わいがマッチして、一番美味かったですw 嫁さんも大絶賛。


帰りは、蔵ビールの瓶に居るキャラクターがお見送り。


県内のブルワリーは、あんまり来訪者を向かい入れる様な施設がなかったりするんですが、ココは日本酒も含め、色々と見る事が出来るような体制が整っている「施設」でした。レストランも、岩手県産品をメインに食事が出来るので、旅行には持って来いです。


ビール好きの方も、日本酒好きの方も、来訪してみてはいかがでしょうか。

世嬉の一酒造:http://www.sekinoichi.co.jp/


・ビールブロガーさんのこのブルワリー記事の紹介。
ブルワリーズゴーゴーさん。05/08/13に訪問の記事です。
http://www.assyworld.com/xbgg/modules/wordpress/index.php?cat=6

ビール現場主義のbeer-kichiさんも行かれたようです。

あわせて見ると、行った気になれますw
私の文章は地元民からの視点ですから、「旅行」という視点からみる場合は、上記の記事を参考にされた方がよいかとも思いますよん。


おまけ:

世嬉の一さんの近くに、こんな看板が。

「芭蕉最北の宿 二夜庵跡」と書いてあります。芭蕉は、ココを宿として、奥州藤原氏が栄華を誇った、「平泉」視察をしたようです。平泉を見ての句には、有名なものがありますよね。


夏草や 兵どもが 夢の跡


この場所で、芭蕉はこの句を考えたんでしょうかね。

スポンサーサイト

1. 無題

お試しセットいいですね^^
こだれでらさんみたいに、お酒の舌が肥えている方は飲み比べできますね。
私は飲めれば何でもいいかも・・・
[ 2006/02/24 21:07 ] [ 編集 ]

2. 去年の夏。。

私が行った時は、バケツをひっくり返したような激しい雨が降ったり止んだり。。こだれでらさんの記事をみて思わず思い出にひたりました(笑)。。
[ 2006/02/25 12:53 ] [ 編集 ]

5. また行きたいです

一昨年の秋、中尊寺観光に合わせて行ったのを思い出しました。
我々家族的には地元の料理がメニューにいっぱいあって楽しめた印象が強いです。
どうしても「現場」はソーセージとかピザが多くなってしまいますから。
[ 2006/02/27 12:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beerhana.blog.fc2.com/tb.php/233-26902ca3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。