スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マハラジャ

050414_2334~01.jpg

ラジャーラジャーマハラジャー!
ということで、今回はインドビール、「マハラジャ」の登場。


左から、アサヒドライ、カッパくんのコップ、マハラジャの順。正面にデカデカとあるのは、盛岡が誇る普通のコッペパン、「アンバターサンド from福田パン」でございます。わんこそばは、盛岡で有名だけど、アレは岩手県民が食べる物じゃないから。福田パンこそが、盛岡らしい食べ物であり、唯一神な訳です。そんな、盛岡出身の人しか分からない話を書いた所で、ビールの感想を。


この「マハラジャ」副原料に米を使っているビールでした。

割と、副原料に米を使っているのは、海外では多いらしいのがちょっと意外。日本も米使ったらいいのにね。


味はというと、飲み口は普通のビールなんだけど、後味が穀物の芳醇な甘さが残るような感じ。米のお菓子ってあるでしょ。そういう甘さ。これはこれで、ありなのかもしれないと思わせる一品。まあ、ビールのマハラジャ(王様)とまでは行かないけどね。王様は福田パン。唯一神ですから。


このビール、インド料理に良く合うと、後ろのラベルに書いてあるんだけど、インド料理ってなかなか日常の食卓にでてこないからなぁ。このときは、福田パンと一緒に飲んだんだけど、岩手とインドの新たな出会い、とまでは行かず、お見合いで恥ずかしながらも相手を探るような、緊張感のあるコンビネーションでした。書いてて美味しいのかどうかわからない。そんな唯一神と王様。

スポンサーサイト
[ 2005/04/22 21:23 ] 海外のビール | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beerhana.blog.fc2.com/tb.php/4-41ceb4f6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。