スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺はかーなーり、発酵するぞ。 こだビール2

1:マッシング
2:煮込み
3:冷却から酵母投入

以上の工程を経て、絶賛発酵中。


おっお~♪泡泡~♪順調順調。この時の香りが独特で好き。

で、蓋をして、空気は抜けるけど、入らないという、エアロックなるものをつけてるんですが、これがね、5秒おきぐらいにブクブクなるから、ちょっと不気味なの半分、生きてるんだね感半分。

発酵中のエアロックの様子
↑こんな感じ。
酵母の働きって凄いねえ。今頃感心。

で、5日ぐらい経つと

こんな感じで落ち着いてくる。エアロックのボコボコもなし。

ここで澱引き。沈殿物と液体をわける作業ね。

もう一つの容器に液体を移動~。

すると

こんなにも沈殿物が!!
今回は麦芽から液体をとったので、それらのカスや、オヤスミの酵母の塊りがデロデロと・・・。これとるの結構大変だったり。

ちょっち、液体を試飲。

柑橘系の香りに、スッキリとした苦さ。すこしアルコール(勿論薄めて0.5%未満にします。)
思ったより薄い感じかなあ。若ビールの時点で味を判断するのは、まだ自分には難しい・・・。
前回よりは期待できる感じが、うっすらとあるかな。

そして綺麗になった液体には・・・

最後のホップ投入。

見えねえなあ・・・。とりあえずペレット状のホップを投入したんです。

ちなみに、このビールを造る上で、4つのホップを入れました。
1つ目は、ビタリングホップ。苦味を出す為のホップ。
2つ目、3つ目は、アロマ・フレイバー用。香りや風味を。
今回の4つ目はドライホッピングという工程。よりハッキリした香りを出す為。

温度によって、ホップから抽出される成分が変わるので、こういった分けてホップを投入するって形になる訳です。


翌日には、こーんな感じで、濁り液体に逆戻り。

これが沈むまで7~14日ぐらい待ちます。長いな・・・。

以上、発酵、澱引き、ドライホッピングまで。

スポンサーサイト
[ 2007/07/24 23:39 ] 自ビール造り | TB(0) | CM(2)

1. 順調

おぉー順調ですね(笑)
期待できそうじゃないですか!
でも手間がかかるものですねー
[ 2007/07/25 07:12 ] [ 編集 ]

2. 酵母は生きていた☆

働き者の酵母!ボコボコってコワいくらいに
生きてますね!!
柑橘系の味なんですか?(試飲)
しかし・・・ビールってこんなに手間がかかった
飲み物だったんですねぇ 今更ながら飲むだけの民
今後はもっと感謝して飲みます!
[ 2007/07/25 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beerhana.blog.fc2.com/tb.php/603-a3b094b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。