スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポッドキャスト 「ドイツのビール ケルシュってなあに?」

今回はドイツビールのスタイルの一つ、ケルシュについてお話していきます。
色は割と普通の色なのになあ。味が違うのは何ででしょ。

この記事は音声にて配信しております。
http://www.voiceblog.jp/beer/383925.html



ケルンに行ったら、美味しいケルシュに囲まれる毎日なんだろうなあ。なんて素敵な都市なのかしら・・・。

復活!ビールの泡と色。
久しぶりに動画も録って見ました。
ドム ケルシュ
スポンサーサイト
[ 2007/07/27 18:31 ] 海外のビール | TB(0) | CM(2)

1. ケルシュもわかりにくいですよね。

エールとラガーの区別って、典型的なものを飲みくらべると、ああ、なるほど、って思うんですが、

クラフトビールのエールでもラガーリングの長いビールは少なくないようですし、

味わいでも、大手の作ってるエールって、アルトやケルシュに近いのかも、

とか、思います。

技術革新が進むと、境界がますますあいまいになっていくかもしれませんね。
[ 2007/07/30 09:08 ] [ 編集 ]

3. (´▽`)サンクスー

ねこまた屋さん:
改めてケルシュを呑んだんですが、分かりにくいですね、やっぱりw
キリンのグランドエールも、なんかラガーっぽいですしねえ。今度出る、キリン一番絞りスタウトに至っては、下面発酵のスタウトらしいです。
うーん、余計分からなくなってきたw

としやんさん:
作り方が違うってのはよく分かるんですけどね~。ケルシュとアルトは難しい…。
[ 2007/07/30 18:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://beerhana.blog.fc2.com/tb.php/606-2113fb1d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。